綺麗が続く工夫

一段上のルール

同じような物を買ってします事があります。以前の物は使わずまた使うかもと置いておくとなります。用途・アイテムなどが同じで古い物は処分します。今必要か考えるようにします。
日用品はつい、特売日に箱買い・まとめがいしがちです。しかし、置く場所がなく困ってしまう事があります。日用品は常に価格変動があるのでその時箱買い・まとめ買いする必要がありません。大量にある商品で生活を圧迫してしまうと、よかれと思った事が逆に不便になります。ストックしておく数量を決める・期限を決めて使い切る事を想定してストックをします。
気に入って買ったけど一度もきない服・クリーニングに出さないといけない洋服・便利だと思って買った万能調理鍋は管理費が掛かります。
着なければ傷む洋服・維持費がかかる洋服・手間が大変な鍋となってしまいます。
購入する時管理・手間を考えるのは無駄をなくす、ゴミとならない方法です。

アイテムを利用

綺麗を保つだけでなく、便利アイテムで快適生活を送りましょう。
かくして収納はケースに入れてさらに目隠しするので急な来局時もスッキリ見えます。
見せる収納は散らかりがちな帽子を壁収納ディスプレイするとスタイリッシュに見えます。
持ち運び便利収納はリビングで散らかりがちなリモコン・新聞・雑誌を一つにまとめ、移動できるのでサッと片付きます。
隙間収納はちょっとした隙間利用でラックを置くと細かい物が散らかりません。
スタイリッシュ・かわいいデザインにするだけでスッキリ見えたり、片づけようと意識が違ってきます。
ミニマム生活はストレスなく楽しみながら過ごすのが快適生活です。物を捨てて片づける一連の流れを助けてくれるアイテムで気持ちもスッキリして生活できます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る