快適な生活の為に

散乱しないルール作り

片づけてすぐに散らかってしまう、すぐ使うから面倒と思うと物が散乱してしまいます。
一時置き場があると散らかる原因をストップさせるワンステップになります。帰宅して鍵・ポケットの中の物を置く場所・鞄を置く場所・上着を掛ける場所・または外出時の物をまとめておく場所などです。帰宅した動線にあると自然に片付いていきます。
床に置かないようにすると足の踏み場がないと言う事になりません。踏んでしまって壊したり、怪我をする事があります。床に置いてしまうと物を置く場所となってしまいます。
一日5分でいいので隙間時間ちょっと片づけます。リモコン類・新聞・雑誌をケースに入れるだけで違います。
収納する時こだわりすぎると時間だけかかり肝心な収納時間がなくなってしまいます。収納容器大きさ・ラベリングなどです。

溜めないルール作り

つい忙しいとまとめて後でと溜め込んでしまいます。ゴミを片付ける・捨てる、汚れを洗うなどです。それらは忙しいと後回しにしがちです。放置するとゴミは溜まり、汚れは落ちにくくなります。なるべく翌日持ち込まない事です。
読んだ新聞・雑誌は出したままにしない、汚れた靴を放置しない、料理しながら片づけるとちょっとした事ですが、ほんの数分で終わる事は先送りしない事です。
不便・面倒と思い放置しがちなら工夫が必要です。便利な道具を使うもの解決です。食洗器・床掃除ロボットなどが分かりやすいと思います。自動で食器を洗う・床の掃除をしてくれるのは家事を助けてくれるアイテムです。それだけでも楽しくなります。
早めの対応が快適な生活になります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る